キャッシュでマンションを購入すると損?

住宅を購入する際、たとえ現金があったとしても
キャッシュで払うのは損だと言う人がいます。

諸説あってケースバイケースということになりますが、
自分なりに検証してみます。

住宅ローン減税を利用できない

現在、住宅ローンは低金利なので、
住宅ローン減税を利用したほうがお得になる可能性があります。

住宅ローン減税というのは10年間、
支払う所得税額から住宅ローンの残高の1%が戻ってくるという仕組みです。
たとえば住宅ローンの残高が2,000万円なら、20万円が戻ってきます。
単純計算すると、ローンの金利が1%未満であれば得になるということですね。

キャッシュではこの恩恵が受けられません。
ひとまずローンを組んで、住宅ローン減税が終わった段階で繰り上げ償還をすれば、
金利と1%との差額が丸儲けになると言われています。

また、住宅ローン借り入れの際に団体信用生命保険に加入するのであれば、
通常の生命保険の保険料よりお得になるケースもあります。

ただ、ローンを組むときの初期費用や繰り上げ返済手数料があるため、
一概に丸儲けではないと思われます。

不動産は流動性が低い

お金は別の投資に回して、
家はローンで買っておいた方がいいという考え方もあります。

今から10年前に不動産を購入した人が、
入金したお金ですべて株やドルを買っておいたとしたら、大儲けしたことでしょう。

しかしこれはあくまで結果論です。
全力で株やドルに投資できたとは思えません。

投資をしなかったとしても、キャッシュはもっとも流動性の高い資産です。
万が一大金が必要となった場合、
キャッシュが手元にあればすぐに対応できますが、
不動産ではただちにお金に変換することができません。

流動性の観点からいくと不動産を購入するのではなく、
キャッシュそのまま、あるいは金融商品にしておくのが賢いやり方でしょう。

キャッシュで購入するとどうなる?

キャッシュでマンションを購入するのは、
金額が大きいだけで、銀行振込で商品を買うのと一緒です。

ローンの場合は保証人を集めたり保険に入ったりと、
開始するまでにも手続きが必要となります。
煩わしさが一切ないのがキャッシュ購入のメリットです。

マンションをキャッシュで買っても割引はない

「キャッシュでマンションを買うと値引があるのでは」
と期待されるかもしれませんが、
マンション販売業者にとってはお金の出所が違うだけで、
キャッシュでもローンでも手に入るお金は一緒です。
そのため、基本的に値引はありません。

火災保険を任意に選べる

火災保険が任意で好きなものを選べるというのもメリットのひとつです。
マンションというのはかなり燃えにくいものですから、
高額の火災保険に入る必要はないと思います。
ローンを組むためには、一定以上の火災保険に入らなければなりません。

精神的な安心感

あとは精神的な問題で、無借金であるという安心感ですね。
マンションなので毎月の管理費はかかりますが、
賃貸マンションの家賃よりは安いため、貯蓄額が増えます。

キャッシュかローンかは人それぞれ

結局のところ、キャッシュもローンもあまり変わらないのではないかと思います。

キャッシュを投資に回して得をしたとか、
ローンの変動金利が下がって得をしたとかいう話もありますが、
あくまで結果論であって成功するかどうかはわかりません。

全額キャッシュだと蓄えがなくなって不安というのであれば
キャッシュがあってもローンを組めば良いでしょう。

ファイナンシャルプランナーに相談しても結局決めるのは自分なので、
がんばってお金の勉強をするのが一番いいと思います。

タイトルとURLをコピーしました